粗大ゴミの掃きだめ

ホルード好きのポケモンブログ

【供養記事】耐久振りボツ・コケコ

f:id:sodaigomi_poke:20171026191924j:plain

今期イチ押しアニメ『ボールルームへようこそ』の赤城真子ちゃん

 

どうもこんにちは、粗大ゴミです。

卒論に疲れたのと、自慢のコケコが活躍するような構築はもう組まないと感じたので投稿します。

・経緯

タイプ的に環境にそこそこいたテッカグヤカプ・レヒレに対して有利を取ることができるにも関わらず、後出しするとヘビボンや水Zで吹き飛んでいくのを見ていて悲しくなり、耐久に振った個体が使いやすいのではと思い立ち調整を考えた。耐久に振る以上、通常のカプ・コケコのような火力を見込めない。しかし、繰り出し回数を増やせる点や通常のカプ・コケコでは勝てない相手に対して崩していける。

・詳細

f:id:sodaigomi_poke:20171026182927g:plain

カプ・コケコ

臆病  持ち物(一例)半分回復木の実

175(236)-*-114(68)-116(4)-115(156)-171(44)

技構成(一例)10万ボルト どくどく 羽休め 身代わり

H-B テッカグヤのヘビーボンバー2耐え

    無振りカバルドン地震耐え

H-D カプ・レヒレの水Z最高乱数切り耐え

    無振りポリゴン2のトラアタほぼ3耐え

    特化ポリゴン2のトラアタ2耐え

S    最速103族抜き

C    あまり

 

使用感は毒羽マンダを電気タイプにして火力を落とした感じ。色々耐えるので周りで毒撒きながら一貫作ることも可能。マンダにない強みは回復実を持っているので羽を打たなくても多少強引に動ける点と毒が通りづらいテッカグヤカプ・レヒレに対してはタイプ相性上”””””””””””””は”””””””””””””有利な点。

持ち物のその他の候補としてはシュカの実・各種Z等。

技構成の候補は瞑想・マジカルシャイン・草結び・自然の怒り・ボルトチェンジ等。

Zを持たせるなら瞑想3ウェポンか身代わり瞑想2ウェポン。毒と身代わりを抜いて怒り+ボルチェンにしてサイクル下で強引に削る型にしてもそこそこ使いやすい。

 

・このコケコのここが強い

どんな技構成にしてもしたい仕事はちゃんとする。

耐久がコケコとは思えない高さなので相手が想定していない勝ち筋を作りやすい。

 

・このコケコのここが弱い

火力がない

 

 

 

以上です。読んでいただきありがとうございました。

ミス等ありましたら@sodaigomi_pokeまで

 

 

 

 

 

こばっちさん主催・ニコ生10パートナーズ使用ポケモン~ホルードヤドランとあれやこれや~

S5がんばっている皆さんこんにちは。粗大ゴミです。

今回はこちらの大会に出場させていただきました。

ch.nicovideo.jp

初めての10パートナーズということもあり結果はボコボコでしたが、自分用メモを兼ねてコンセプトだけ紹介したいと思います。

 

コンセプト

まず、嫁枠でホルード+ヤドランを採用した。ここから取り巻きを考えていったわけだが、今回の10パートナーズのキモである情報戦というものを活かした構築にしたいと考えた。情報によって相手の構築や選出を歪ませることが可能な並びを考えた結果、ジャロバシャガルの分身orビルドバトン並びに至った。この並びの強みは三つで、

・バトンの並びとして選出せずとも単騎で構築に組み込める。

・対策を怠った場合、easy win出来る。

・バトンの対策として出てくる滅びゲンガーや呪いミミッキュ、黒い霧レヒレ・ドヒドにホルードが強く、その取り巻きに対してはヤドランが強い。

この三点から、この五体は決定した。このままではジャロで三縦!wされかねないので、ボーマンダを採用し相性補完が優秀でオタクサイクルも攻撃的なサイクルも組めるギルガルドを合わせて採用した。また、アタッカーミミッキュに対して弱いと感じたためカバルドンを採用。こいつがいることであくび展開からマンダガルドホルードジャロバシャガルの積み展開も可能になる(つよい)。

問題はここから。

戦犯その一、カプ・コケコ

自慢の耐久振りコケコを使ったオタクサイクルをしたかったがコンセプトとかみ合っておらず弱かった。この枠を相手の強力なポケモンに対しての切り返しのコマにした方がよかったと感じた。具体的にはミミッキュ

戦犯その二、ドヒドイデ

対策必須ポケモンを入れたくて採用したが、相性のいい並びを作れないことに初戦の考察時に気付くアホ。この枠はヤドランマンダカバあたりとオタクサイクルでき、積みエースにもなれるポケモンの方が良いと感じた。具体的にはナットレイ

 

対戦について

まだ全試合終了してないので簡易紹介程度の反省に留めます。

VS こばっちさん

ボコボコのボコにされた。10パートナーズというルールへの理解が甘かった。相手のパートナーズにテテフがいる関係でギルガルドは絶対選出だったので、ギルガルドを通しに行くことを前提としてPTを組めれば勝てたのでは、と感じた。

VS テルキチさん

初戦の反省を活かして絶対選出ポケモンを軸とした構築を組んだ。しかし一本目を沼プで落とし、二本目は電磁波でバグり負け。電磁波負けは悔しいですが、そもそも一本目にプレミしなければよかっただけなので反省。この時得た情報アドで別の大会でリベンジできたのは嬉しかった。

VS ryuさん

Sの上昇した1舞物理ガルドを止められるポケモンがいなかったのでそれを軸に組んだ。初戦でバトンのメタとして出てくるポケモンホルードを当てて処理し、二本目でバトンを通しに行くというこのパートナーズでやりたかったことが出来たと感じている。

 

終わりに

試合が進む度に少しずつ10パートナーズがうまくなっていくのを感じた(自画自賛

今度このような大会があったら優勝目指して頑張りたいと思います。

最後になりましたが、主催のこばっちさん、対戦してくださった皆さん、ありがとうございました。

S5残りわずかですが、頑張りましょう!

 

 

 

S3使用構築 カバガルドマンダ~ホルードは添えるだけ~【最終・最高2002】

シーズン3お疲れ様でした。
SMで初の2000に到達できました。少し早いですが、今期はひとまず満足なので撤退します。
構築記事を書くのは初なので至らぬ点もあると思いますが、よろしくお願いします。

f:id:sodaigomi_poke:20170515181410p:plain

 

<個別紹介>

f:id:sodaigomi_poke:20170515182621g:plain

ギルガルド@残飯  バトルスイッチ

167-x-170-70-214-88

性格:穏やか

シャドーボール どくどく 身代わり キングシールド

 

H-D C252ポリ2のアナライズ10万を身代わりが高乱数耐え

S あまり

 

構築の始まりでMVPその1。

環境が多様化しており、定数ダメージで削り一貫を作る動きに魅力を感じてこのポケモンからスタート。

始めは臆病HSで採用していたが、火力のあるポリゴン2の増加やテテフに投げた時のダメージから穏やかHDベースに変更した。この変更は正解でテテフ等にも後出しがしやすかった。Dを少し落とし、Sに多めに振ったのはこのラインを意識して調整してくるあらゆるポケモンに負けたくなかったから。最速ガルド以外に負けなかったしよかったと思う。

一番偉かったのは1900以降、毒を一度も外さなかったこと。

 

f:id:sodaigomi_poke:20170515183650g:plain

ボーマンダ@ナイト  威嚇→スカイスキン

196-166-150-x-154-147

性格:慎重

空元気 地震 竜の舞 羽休め

 

芸人枠。圧倒的氷率で僕を笑顔にしてくれた。

ガルドとの並びが綺麗で自身もハメ+抜きエース要員として動けるみんな大好きHDマンダ。有名な型なので調整に関して語ることは特にない。

恩返しではなく空元気なのは熱湯や放射で火傷を引く事案が多すぎたため。変えた後も焼けまくったしそういうポケモン

僕に追加効果ケアの重要性を教えてくれた神ポケ。

 

f:id:sodaigomi_poke:20170515184028g:plain

カバルドンゴツゴツメット  すなおこし

215-132-187-x-93-67

性格:腕白

地震 どくどく 守る 怠ける

 

MVPその2。こいつも毒外さないから神。

物理に対して積極的に投げていくことができ、ゴツメ+毒+砂で相手をゴリゴリ削る。調整は数値が足りないのでHBぶっぱ。雑に投げてもしっかり活躍するのが偉い。

技構成はコンセプトの毒と受け出し回数を増やす怠ける、削りとして優秀な地震。Z技軽減や毒+砂ダメを稼げる守るで確定。無駄な負け筋を作らないために守るを見せるタイミングはかなり大事。

 

f:id:sodaigomi_poke:20170515184219g:plain

アシレーヌ@オボン  激流

173-x-120-181-137-82

性格:控えめ

うたかたのアリア ムーンフォース アクアジェット 滅びの歌

 

H-B 特化マンダの捨て身最高乱数切り耐え

     陽気マンムー地震オボン込ほぼ2耐え

 

H-D 無振りメガゲンのヘド爆確定耐え

 

記事書いてる時に気付いたんだけど、努力値振り間違えてました()

ここまでで重いマンムーギャラドスに強く、バトンやオニゴーリ入りにも出せるポケモンとして採用した。

能動的な回復手段がないのであまり信用せずに使っていたが、しっかり仕事をしてくれた。滅びが裏のガルドカバの守るともかみ合っており、かなり使いやすかった。

 

f:id:sodaigomi_poke:20170515184358g:plain

リザードン@ナイト  猛火→日照り

185-x-113-211-136-125

性格:控えめ

火炎放射 オーバーヒート ソーラービーム 目覚めるパワー

 

いわゆるはくしゃくリザ、調整は省略。

耐久に信頼があり、ナットカグヤに出せるポケモンとして採用した。実はカバリザの並びになっているので、毒の入らない鋼を削りガルドで詰める動きをすることもある。火力も耐久もあるこのポケモンが弱いわけがなかった。

 

f:id:sodaigomi_poke:20170515181453g:plain

ホルード@ノーマルZ  力持ち

性格:意地っ張り

173-118-99-x-101-113

ギガインパクト 地震 剣の舞 身代わり

 

H あまり

A ぶっぱ

D DL対策

S 準速60族抜き

 

相棒枠の癖に最後に入ってきたポケモン。困ったときに助けてくれるのが真の相棒。

構築単位で重かったウツロカグヤのような毒が入らない受けまわし系の構築に対して剣舞Zで崩しに行ける。

火力はZギガインパクトでH振りメガバナ、+2Zで特化メガヤドラン、+4Zでテッカグヤが飛ぶくらい。

有利対面で身代わりから入って後ろにZしてるだけでも強い。カバリザの並びになっているため、初手にZアシレーヌを呼びやすく大概のアシレは突っ張る+こちらのZで飛ぶのでイージーウィンにつながる試合も何度かあった。

技は有利対面やナットカグヤの宿り木のタイミングで合わせられる身代わり、突破力上昇の剣舞とインパク地震で確定。あるとすれば身代わりを切って炎のパンチor電光石火あたりだと思われる。

 

 

基本選出はマンダカバガルドで相手の構築に合わせてこの中の一体とアシレリザホルを入れ替えていく。

重かったのはゲンガーとノイクンでゲンガーはホルードを当てれば勝てる、ノイクンは交換際に毒入れないと無理。キノガッサとかいうポケモンはガルドを投げてごまかすしかない。

リザの枠を耐久に割いたコケコにしたかったが、いい調整が思い浮かばなかったのでなし(誰か考えてください)

f:id:sodaigomi_poke:20170515200126j:plain

 

最後になりましたが、S3マッチングした皆さんありがとうございました。